小原譲の下着ビデオ 01 Letters to Joe O'Hara

Letters to Joe O'Hara

お客様からの手紙

下記の手紙は、すべてご本人の掲載許可を得ています。

このページの、画像及び文の無断転載を禁ずる。



[2001年度]



11月20日 ソフトSM様より

小原様 私は今まで観ていたアダルトビデオに常に不満とストレスを感じておりました、それは私が好きな補正下着を着けたモデルが出演している作品はほとんど無いからです。それが ひょんなことから昨日 小原さんんの作品FF−10に出会い衝撃が走りました、やはりこの世界を愛している方が他にもいたことの喜びと作品が存在していた事に興奮しました、これから小原さんの作品を観ていこうと思います。そこで私の希望を含め質問とお願いがあります、私は補正下着の中で 白かベージュ色のショートガードル、ボディースーツ、そして特に好きなのはフルカップのブラジャーでバックラインは2ホック以上、ブリッジ(吊り橋)タイプ?です。できれば それを着けたモデルの胸を縛った ソフトSM物がありませんでしょうか?あるのであれば教えて下さい、もし無ければ今後この内容で作品をつくるよう ご検討いただけませんでしょうか?宜しくお願いいたします。 このメールは小原さんのホームページに掲載してもかまいません。 メールネーム ソフトSM(43才) これからも小原さんの作品を応援してまいります。

ソフトSM様、メール投稿有難う御座いました。私も小学校ぐらいから、女性の下着姿を見るのが大好きでした。中学ぐらいから補整下着にも興味を持ちました。新聞に入っていた、スーパーなどの広告の、ショーツや、ガードル、ボディスーツを穿いた女性の写真をこっそり部屋へ持って行き、何度も眺めたり、当時、第一次ミニスカートブームということもあり、通学の途中バスの中などで、向かい側に座った綺麗な女性の、たくし上がったスカートの隙間から、チラチラ見える白い下着に、心をときめかせた記憶があります。性癖と言うものは一生治らない、、、とよく言われますが、本当かも知れません。(FF−10)ファンデーションファン10を見ていただいたとの事、大変嬉しく思います。このビデオは、モデルが若くてグラマーなせいか、結構売れ行きも良かったです。このシリーズで他のお勧めとしては、FF−5,FF−7,FF−9等です。全員グラマーで、その人柄や、女らしさも、画面を通して、伝わってくるものがあります。 補整下着姿で縛られたビデオに関するご質問ですが、私のバックナンバーでは(BJ−5)ボンデージジャパン5が良いと思います、モデルは葉山かすみです。ベージュのボディスーツで、縛られて喘いでいるシーンが入っていますのでお勧めします。後、(UB−3)ユニフォームボンデージ3、モデル、清水明日香では、ロングラインブラに、ショートガードルという姿で縛られています。今後の制作に関するご要望ですが、私は現在はボンデージビデオの制作はしておりませんが、弟子の岡田健が制作販売しておりますので、一度彼のホームページを覗いて見ては如何でしょうか。URLは、http://www5.famille.ne.jp/~kenokada/です。今後も又、何かお気づきの点がありましたら、お世辞抜きのご意見をどしどしお寄せ下さい。制作のヒントにさせて頂きます。宜しくお願い致します。有難う御座いました。小原



9月28日 BOGGY様より

はじめまして、小原様。
私は、ファンデーションファンの大ファンで、ほとんどを購入しています。なかでもロングガードルが大好きで、スカートからのぞくロングガードルの太もものレースの部分にとくに興奮します。それとスリップも大好きです。
そんなフェチな私の希望、兼アイディアとして、眼鏡をかけた女性を登場させてほしいのです。眼鏡をかけていて、スリップを着て、ロングガードルをはいて、ブラウスにミニスカート、もしくは、ミニのワンピースがいいとおもいます。もちろん眼鏡は銀縁、もしくは、フレームレス、眼鏡チェーンをつけるのも興奮するでしょう。イメージは、OLか、女教師です。お姉さんタイプとベビーフェイスのデュオだったら最高です。(髪は茶色でひとりはショート、もうひとりはセミロングが希望。)
そんなビデオが発売されることを願っています。(実は、ショートヘアもフェチで、これも大大希望です。)(パンティの上にパンスト、その上にロングガードルという組み合わせも好きなのですが。)
わがままな願望ばかり言ってどうもすみません。応援していますので、いつまでもフェチ心を刺激する良いビデオをつくり続けてください。 BOGGYより。

BOGGY様、投稿大変興味深く拝見致しました。又、毎度ファンデーションビデオの購入、誠に有難うございます。女教師の企画を御希望との事、以前にも他の方からご要望がありました。ちょうど学校の先生風のベージュのスーツがありますので、それを使用してアンダーザユニフォームシリーズで、撮って見たいと思います。後は、ちょっとインテリっぽいモデルですね。 普段、SEXとは無関係と言う顔をして、実は淫乱で妄想癖のある、女教師、、、いいですね。所謂、聖職と言われる仕事をしている女性の破廉恥な姿態を狙って見たいと思います。眼鏡を掛け、すました先生のスカートから覗く清楚な下着を想像するだけで、これはいける、、、ッて言う感じです。パンティ、パンスト、ロングガードル、スリップと全部着込んで、一枚づつ脱いで行くところも良いかも知れません。今から企画を組むとすると、発売は来年の春頃と、かなりの時間が掛かりますが、それまで気長にお待ち頂きたいと思います。
猛暑の夏も過ぎ、涼しくなって来ましたので、そろそろ撮影にいそしむ時が来た、と思っていたのですが、一人で制作していても、考えられる事は限られております。 私自身、企画アイデアに行き詰まっている時に、丁度良いアイデアを頂き、大変感謝しております。これからも、良いアイデアがありましたら、又お知らせ下さい、宜しくお願いします。小原



8月31日 商人テノール様より

小原譲様
 商人テノールです。急ぎ、大きな興奮をもって、新作の感想をお伝えします。
<UN-5>
「あ、制服があるぅ!」・・・ この単刀直入攻撃には、ただただ脱帽です。「パンツ透けてるかなぁ・・・いやぁ、丸見え!こんなんで街歩いてたのかしら・・・ま、いっか・・・」 これは、不朽の名ぜりふとなるでしょう!! スッチー+ブーツ、いいですね!パッケージのインパクトは相当なものだと思います。 後藤さん、絶好調ですね!随所に挿入されるせりふも効いています。 ブーツのきしむ音がよかったです。「引き」で全身の入るカットの時間は、もうちょっと長いほうがいいと思います。撮るときに、かなり長く感じるかもしれませんが、マクロなカットのほかに、全体的な女性の姿をもう少し長く見ていたいです。(「引き」の絵が短いと、視聴者の視点が限定されてしまいます)
<FD-1>
 極まりましたね! 主体のアイテムである補整下着について、言葉を交わす女性たちの様子が、約1時間にわたり展開される・・・ これは、他に類のない、すごい作品です!(言葉を交わす、というのがポイントですね) ブーツがちょっと唐突な気もしましたが、ブーツフェチの私としては、うれしいかぎりです。 気づいた点が2つ・・・ 履いたブーツは、脱ぐところも入れたほうが良いと思います。 次のカットで、いきなり、ブーツを脱いでしまっていて、「ねえ・・・最近何してるの?」というのは、不自然でした。(ニーハイブーツに、相当インパクトがあるので・・・) レズシーンですが、この設定の場合、「水木さん<清水さん」という図式がしっかりしてしまっているので、水木さんはネコに徹して「おかえし」をしないほうがよかったかもしれません。 もし対等な愛撫を演じるなら、寝ポーズじゃないほうが良いかもしれません。
 水木さん主演の「ボンファン2」で、はじめてガードルのシーンを見ました。これは、私が初めて購入した小原さんのビデオでした。「感慨深い」というのは、こういうことなのかな、と、いま、あらためて感じています。
 新境地の開拓を、心よりお慶び申し上げます。

商人テノール様 UN−5,FD−1 の感想大変興味深く拝見致しました。
UN−5では、以前に商人テノール様からアイデアを頂いた、スッチーにロングブーツの組み合わせでコーディネイトして見ました。最初思ったより、インパクトが出たような気がします。モデルも二回目の撮影とあって、台詞も本人のアドリブにまかせました。 慣れていた分、私も撮影そのものに、集中出来ました。 カメラのズーム使用の際、引きの時間が短か過ぎるとのご指摘、確かにその通りと思います。 私は肉眼で全体を把握しているのですが、ビデオで見ると、確かに引きの時は、全体の情報量も多いので、見るのに時間が掛かります。 ビデオカメラの取り扱い説明書によりますと、引きの状態では、最低8秒間は必要だそうです。 これからは、改善して行こうと思います。

FD−1 に関しては、初めて、と言う事もあり、決して満足しているわけではありませんが、モデル二人が、過去に何度か私のビデオに出ていたので、慣れていた分スムーズに行ったかも知れませんし、私自身もあまり息張らず、自然体で作ってみました。 商人テノール様もご存知のように、このファンデーションデュオシリーズは、米国のお客様のご要望により、具現化したものですが、私のビデオのお客様の、大半を占める日本のお客様にも、楽しんで頂きたいと思います。 只、これから先どのような展開になって行くかは、制作している私自身にも分かりません。 と言うのは、ボンデージビデオから、ランジェリービデオに転向した時も、今のように、ファンデーションビデオがメインになるとは、予想はしていなかったからです。 これから、ビデオをご覧のお客様の意見を取り入れて、改善して行こうと思います。 しかし、このような考え方だと、ポリシーがないように聞こえるでしょうが、ベーシックな部分でのコンセプトは、押さえていきたいと思います。 私は、あくまでも補整下着ビデオとして考えておりますので、最初にアイデアを下さった方には、期待はずれで申し訳ありませんが、レスビアンシーンがちょっとお粗末だったかも知れません。とはいえ、重要なシーンである事は、確かですので、これから研究の余地があると思います。

毎度新作ビデオお買い上げ、及び、その感想文をお送り下さり、誠に有難うございます。 私自身まだまだ、理想のビデオと言える物には到達しておりませんが、 "生涯は自己学習の連続である。" と言う言葉を常に私自身に言い聞かせながら、これからも皆様のご期待に添えるよう、頑張りたいと思います。 小原



8月20日 卓也様より

小原様、こんにちは、投稿です。
スリップの好きな男性も多いかと思いますが、女性のスリップ姿のまま、バスタブに浸かってもらうのもとっても良いですよ、お湯に濡れた下着姿など、、なにもスリップだけではありませんふつうのパンティとパンストを着用のまま、浴槽に浸かってもらう、また、その時、お湯に多量のロ-ションを流し込む、もう最高のヌルヌル感で良い感じです。なんとも言えないナイロンの触感を満喫出来ますね。

卓也様、投稿有難うございました。スリップが好きな方は、私のビデオのお客様の中にも結構多いです。日本ではスリップ専門のビデオシリーズは私の知っている限りでは、まだありません。水に濡れて光り、又、その下のパンティや、パンストが透けて見えるのはとてもセクシーな光景かと思います。しかし、残念ながら諸事情により、風呂場での撮影は、現段階では困難と思われます。以前にも書きましたが、その代わりと言っては何ですが、FF−12では、最後に、白いナイロンのパンティガードルを水に濡らして、モデルに穿かせています。ヒップにぴったりとまとわり付く密着感や、前のヘアーの透け具合が何ともセクシーで、下着フェチの方には、いけると思います。いつもメールや書き込み、ありがとうございます。又何か、ビデオの企画など、良いアイデアや、素敵な彼女との、下着プレイのお話などがありましたら、宜しくお願いします。小原



8月10日 卓也様より

小原様、久しぶりです。あれから、たくさんのガ-ドルやボディス-ツや光沢のあるパンストを買い、彼女に着て貰ってます。先にガ-ドルを穿いて貰ってその上にパンスト、または、その逆になど、、、そういう姿のヒップなどを眺めていたりしたらストレス解消です。もちろん、プレイの時も絶対に脱がさずに、買ったばっかりで本来はもったいないのですが、ハサミで、縦に下着を切り口を入れ、そのあとは説明不要かと思います。そういう姿を愉しみながら、というのは凄く快感倍増です。 是非一度皆様にも挑戦してもらいたいです。

卓也様、"ファンデーションファン9"お買い上げ及び、投稿メール有難う御座いました。下着フェチ、特に私を含めて、ファンデーションフェチの人にとって、興味深いお話でした。 好きな彼女に自分の好みの補整下着を着けてもらって、その姿を思う存分楽しむ、、、それを聞いただけでも興奮しちゃいそうです。 私の場合は直に見れると言っても仕事上の撮影での事、自分が楽しんでいる場合じゃないんで、良いビデオを撮る事を考えると、自分で興奮、、、じゃなくて、カメラをちゃんと操作出来ているか、VTRは正常に動作しているか、モデルが企画どうりに動いているか、下着や洋服を綺麗に着ているか、ミスがないようにと念じながら、撮っています。 彼女との下着を着けたままのH、その手触りの感触もあいまって、興奮度倍増、話を聞いてるほうも、妄想しちゃいます。 それと、補整下着が好きな方は、ハードサポートパンストも好む傾向があると思います。 私も、好きですが、補整下着ビデオでは、なるべく、光沢のハードサポートパンストを使用するように心掛けております。 しかし彼女も恋人である貴殿の趣味を充分に理解してくれて、その思いを実現させてくれるその優しさ、、、本当に良い恋人を見つけた事に羨ましさを感じます。 又、下着に関する、良いエピソードがありましたら、教えて下さい、楽しみにしております。 小原



5月25日 TRD様より

小原 譲様 初めましてTRDと言います。 探し続けていたビデオをやっと見つけました。私はスリップフェチなのです。スリップにとりつかれたのは、私が中学校3年生の時女の子のスカートめくりであの裾のレースが鮮やかで、夏場になるとブラウスにスリップが透けて見える姿、それにレースも透けている所、さらにスカートの裾からレースがチラチラしてたら、ついつい付いていってしまいます。あとは、肌触りがいいんです。

TRD様、メール有難う御座いました。スリップのファンの方と言う事で、嬉しく思います。時々、スリップに関してお問い合わせを頂きます。私のビデオでは、ランジェリービデオには、大抵一枚は使うようにしています。以前のボンデージのビデオにも直々使っていました。スリップが入ったビデオで一番反響があったのは、橋本杏子出演の、(BJ-6) ボンデージジャパン6 です。今までにミニスリップやレギュラーサイズのスリップを色々使用しましたが、レギュラーサイズの方が断然人気があるようです。色は、白とピンクが多いと思います。UN-4では、ナース服の裾から、スリップが見え隠れしています。LL-5では、白とベージュの二枚を使用しています。私もスリップに限らず、洋服や、スカートからの下着のチラリズムは大変興奮します。

今までは、スリップの着ている女優のビデオがほとんどでした。私の欲望は、スリップで温泉に入ったりしてポーズとったシーンや、レズものでスリップの着せ替えなどです。好きな色は、ホワイト、ピンクその他明るい色です。小原様のビデオでは、(ランジェリー写真集)LD−3のヒップ丸出し、LD−2の透けるスリップ、UN-4のシュミーズのチラリズムがいいですね。

私のビデオでは、スリップのシーンはそれほど多くはありませんが、服を脱いでスリップ姿になったとき、正面とバックを映しています。又、その時に、毎回ではありませんが、スリップをヒップにピッタリ張り付けて、下のパンティを浮かび上がらせるようにしています。所謂、スリップのウェットシーンを取り入れた事は、まだありませんが、水に濡れて、体にピッタリ貼りついたスリップはセクシーかも知れません。

小原様に質問があります。スリップとシュミーズの違いを教えてください。

スリップとシュミーズの違い、、、難しい質問ですね。私にもはっきり分かりませんが、昔はシュミーズと呼んでいる人が多かったように思いますけど、 今は、スリップと言う人が多いような気がします。根本的に、違うのか、単に呼び方の違いかは、分かりません。ご存知の方がいらしたら、掲示板で教えてください。

それでは、カタログが付き次第ビデオを注文させて頂きます。 小原様の健康とご発展をお祈りしてこの辺で終わらせていただきます。

通販用カタログをご覧になってから、ご注文頂けるとのこと、お待ちしております。お勧めとしては、LL-4, LL-5, BJ-6, LD-5等でしょうか。又、ビデオを見た後、何かご意見や、御希望がありましたら、お世辞抜きで投稿して下さい。今後共小原ビデオをよろしくお願いします。小原



4月20日 サクランボ様より

小原譲様

この様なジャンルのビデオがシリ−ズであった事最近になって知ったのですがもっと前から知っていれば、と後悔しているのと今は少しずつ購入させて頂き、拝見するのが楽しみになっております。
私は個人的にファンデ−ションファンが特に気に入っており今は10巻ほど購入いたしました。特にこれがというものはなく、すべて気に入っております。

サクランボ様、ビデオお買い上げ、及びメール有難う御座いました。ランジェリービデオを最初に出したのは、1994年 (LD-1) ですが、ファンデーションファンを本格的に作り出したのは2年ぐらい前からですので、未だそれほど時間は経っておりません。ボンデージビデオから、下着ビデオに転向した時には、ファンデーションファンはその中のシリーズの一つでしたので、現在のように、このシリーズがメインになるとは思っていませんでした。ですから、シリーズとしての歴史は浅いと思います。
私も個人的には補整下着を着た女性の姿は、そそられるものがあります。1991年にボンデージビデオを出した時から、補整下着を度々使用してきたわけですが、その時は私と同じ嗜好の方がこんなにいらっしゃるとは知りませんでした。私のビデオを気に入って頂いて、大変嬉しく思います。

ガ−ドル、ボデイス−ツ等の下着は何ともいえぬ魅力がありますよね。
特に気に入っているポ−ズはロングガ−ドルにて色々なポ−ズをしているところです。 これからも新しい作品を期待しておりますので宜しくお願いします。
ペンネ−ム  サクランボより

私が一番好きなのは、昔はガードルでしたが、現在はボディスーツかもしれません。女性の体全体を包み込み守っているような、感じが、何とも好きです。
今後は、「ファンデーションファン」、を柱に、「アンダーザユニフォーム」の補整下着化、これからシリーズ化する、「ファンデーションデュオ」と、3シリーズのファンデーションビデオと、他に新しい補整下着ビデオシリーズの企画を検討中です。又、現在あまり人気のない、パンストビデオは一時休止するつもりでおります。今後も出来る限りビデオを撮り続けたいと思っております。これからも、小原ビデオを宜しくお願いします。有難う御座いました。
小原



4月8日 商人テノール様より

 本日は、新作の感想などについて、いろいろとお伝えしたいことがあって、手紙を書かせていただきました。

 FF-12は、後藤夏樹さんの鼻炎が、面白い効果を出していました。ロングブーツをロングスカートとコーディネートすることは、PP-4のときのような、ある種の幻想的な雰囲気の強いとき(単に白いピンヒールのブーツだったということですが)はいいのですが、ブーツ派としては、できれば避けて欲しいところです。結局「膝や太もものあたりの強調」というのが、おおかたのロングブーツ派のねらいなので・・・なので、ミニスカートやショートパンツ系とのコーディネイトをお勧めします。

新作の購入そして、感想文、有難う御座いました。FF-12のモデルが風邪気味でお聞き苦しい個所がありました事を、お詫びします。この業界のモデルは、一度風邪を引くと、仕事上、服を脱ぐ機会が度々ある為、中々治りにくく、風邪が長引いてしまう事は否めないと思います、ご了承下さい。
ブーツとスカート丈のコーディネートが、ミスマッチの件了解しました。ロングスカートでブーツが隠れてしまっては台無しです。確かにブーツを履いたひざや、太ももが露出していた方がセクシーですね。次回からは服とブーツの組合わせを臨機応変に対処したいと思います。

 UN-4・・・完璧です!スッチーの制服が小さいところがいいです。各種アクション、美加さん、ツボを心得てます。美加さんにタイトなミニスカートとロングブーツを履いてほしいです。(・・・だって、美加さんが、して欲しいポーズとかあったら言ってね、って言ってたもんっ! ←駄々っ子かいっ!! 以前、モデルに「業務告知」をさせるのは良くない、といいましたが、それもありかな、と思うようになりました。)

小室美加は色々な面で魅力のあるモデルです。童顔のぽっちゃりしたマスク、むっちりとしたボディや太もも、その上、演技力や感もあるので、ファンも多いです。見ている男性の、甘えを受け入れてくれそうな感じの女の子です。彼女のタイトスカートとロングブーツの組み合わせは、パンストプリンセス5 (PP-5) に入っています。
いわゆる業務告知は、見ている方の気分を壊さないように、一番最初か、最後にして、恋人に話し掛けるように、台詞を言ってもらう様にしています。

 火照った体に冷水タオル、いいですね。

冷水マッサージのシーンは、UN-4で初めて取り入れて見ました。このシーンは、以前海外のボンデージビデオの、インターバルで使用していたシーンで、印象が強かったので撮って見ました。気に入って頂けて、嬉しく思います。これから、時々使って見ます。又、UN-4と同時発売のFF-12では、水でびしょ濡れにしたパンティガードルを、直に穿くシーンを最後に入れて見ました。

 衣装のことですが、ガーターストッキングの場合、ストッキングの丈よりミニスカートの丈が微妙に短くて、正面から見たとき、ガーターベルトにとめた位置が見えてしまうのは、あまりきれいではないと思います。それで、スッチーの時は、ことによるとパンストのほうが良かったかと思います。(もし、それが「ねらい」であったなら、そのかぎりではありませんが・・・)

正直に告白しますと、撮影当日、こちらで用意したパンプスがモデルに合わず、やむなく踵部分をカットして、サンダルにして撮影しました。その事に気を取られていて、最初に試しに付けたストッキングのままで撮影を開始したのが、結果的に失敗部分だったと後で気が付いた次第です。誠に済みません。その時予備に、バックシーム入り黒パンストを用意しておいたのですが、後の祭でした。

 カメラワークですが、あえて、小原さんにはカット割りをお勧めしないことにします。どうしてもロスが出るのはまぬがれませんが、うまくつかまえられるいろいろな瞬間も多いと思うので・・・

カメラワークは車の運転のように感覚的なものなので、撮影の3日ぐらい前から、調整、練習しております。私の場合は、撮影時にマスターテープを作っていく一本撮りなので、つなぎ部分がきっちり行ってない場合があります。只、編集作業がない為、ダビング回数が減る事で、その分画質は一段綺麗なものを、お客さんに提供出来ると思います。いずれ、デジタル機器に移行する積りでが、デジタル画像は、編集をしても画質劣化が少ない為、メリットは大きいと思います。

 「うめき声」を重視すべきかもしれません。視聴者を挑発するかのごとく、たとえば、ちょっと前かがみになったり、立ったり、座ったりするたびに「んっ」というような声を出してもらうわけです。ファンデーションを脱ぎ着するときなどは、とくに、おとなしめのボンデージばりに、声を出すといいと思います。ちょっとした吐息などでもよいと思います。(表情を作るのがあまりうまくないモデルさんの場合でも、それはそれで、わざとやってる、という独特の味を出すこともできたりして・・・)
 小原さんがボンデージをリタイアした後、ちょっと不足に感じていたのは、実は、この点で、これは、オナニーシーンなどの「感じてる声」とは、全く別の意味を持つと思います。(結果的にはそそられるわけですが・・・)

女性の声は、やはりビデオを見ている男性にとってセクシーに聞こえると思います。言い訳になってしまいますが、普段撮影会などで、スチールの仕事をしているモデルの場合、5分間のカット割りの企画設定通り出来る人は、そう多くはないと思います。ため息、吐息、言葉にならない声も重要だと言う事を、今後はなるべく心掛けたいと思います。

 いろいろ書きましたが、個人的には、やはり、小原さんのコンセプトの範囲内で、ユーザーの希望を取り入れる、という方向のほうがいいと思います。

自分が作ったビデオに関して、色々な方からご意見やご要望を頂きますが、アイデアすべてを取りいれるの無理ですので、自分が良いと思った事柄のみを頂いています。今までにご要望を送られても実現されていない方には、大変申し訳ありませんが、私自身が決めたカテゴリーの範疇に入っている時のみ、具現化しております。

 確かなことは、私はこれからも小原さんの作品を見続けていきたい、ということです。 どうかお体に気をつけて、作品を作り続けてください。
 いろいろ、書き連ねてしまいまして、申し訳ありませんでした。
 本日は、これにて失礼いたします。

商人テノール

いつもアドバイス有難う御座います。商人テノールさんは、所謂「感」の鋭い方なので、私自身、気が付いてない部分のご指摘を受ける時も多々あり、大変勉強になります、私がこの仕事を始めた当初からのお客様でもあり、今では、私のビデオ制作の一員といっても過言ではありません。これからも良いアイデアがありましたら宜しくお願いします。私も他にはない、「オンリーワンビデオ」と言うコンセプトを、常に考え、ランジェリーやファンデーションの好きな方々の「夢」を実現して行きたいと思います。
有難う御座いました。小原



3月17日 OK様より

 前略 昨年11月に「ファンデーションファン」を10巻(1−10)購入し大変満足しております。
私の欲望を満たすビデオなど世界中を探しても無い! ましてファンデーションなんて・・・・・と思い続けあきらめていましたので感動もひとしおです。
"ファンデーションフェチ歴30年"は"魅惑のランジェリー"という写真誌により本物となり、ここ数年は "ショートガードル(ハードタイプ)"にハマっています。
とりあえず前回送品時に同梱していただいたカタログから10巻選びましたので送って下さい。
尚、ショートガードルを取り上げているものでお勧め作品があれば、お任せしますので変更して下さい。

ビデオ20巻お買い上げ、及び、手紙による感想文、誠に有難う御座いました。お客様に喜んでいただける事が、やり甲斐があり、一番嬉しく思います。 私も光彩書房の"魅惑のランジェリー"と言う雑誌は購読し又、広告掲載もしていましたし、後、大分前の話ですが、ビニ本がはやっていた頃、松尾書房の"下着と少女"が大好きでした。このビニ本は小物や小動物を使ってモデルさんを引き立てる演出をしたりして他のビニ本と比べると、派手さは無いですけれど、何処か"品"があり、私のビデオ制作に大きな影響を受けています。
FFシリーズ以外で、ショートガードルの入ったお勧めは BJ-2, UB-2, LD-5, LL-2 などです。

〇作品に対する要望として何点か述べさせていただきます。

@全体に映像が白く光っているため、白いガードルの細かなデザインの鮮明度が今ひとつでした。
※ガードルの魅力は腹部のデザインにあります。

以前にも、他の方から同じような、ご指摘がありました。私の個人的な好みになってしまいますが、画面を明るくして発色を鮮やかにし、モデルや衣装を綺麗に撮るように心掛けております。カメラのホワイトバランスもマニュアルで独自の方法で設定しております。アイリスを通常より一段開いている為、画面を引いた時、白い部分が、ハレーションを起こしているのは事実です。今度試験的に、もう一段暗くして、撮って見ます。

Aモデルさんの恥丘のふくらみを強調したポーズを増やして下さい。
※ショートガードルの最大の魅力は恥丘のふくらみが強調されるところです。

確かにガードル着用時は、モリマンがよく目立ちます。同じご要望が以前にもあり、ブリッジが出来るモデルには、取り入れて、目立つようにしています。 昔、ベティペイジが今で言うパンティガードルのような、恥丘が目立つ、オールドファッションパンティや、生理用と思われるピッタリしたパンティを穿いていて、 これが妙に色っぽかった印象があります。

Bガーターベルト+ショートガードルも良いのですがパンスト+ショートガードルも良いと思います。
※ガードルの上にパンストが正しいそうですが、ガードルの下にパンストもセクシーです。

ボディスーツにガータベルトはおかしいので、ビデオの構成上どうしてもガードル着用時に、ガータストッキングをする事になります。ただ、私は、パンティガードルの上にパンストを着用した映像は撮った事はありませんし、そのような映像は、個人的な日常生活を除いては、見た事はありません。これから先、試験的に撮って見ても面白いかと思います。

Cブラ+ショートガードルのOL・ソフトレズが私のフェチ道の終点と思っております。
もし、叶えば最高です。その節はカタログを送って下さい。

掲示板にも書き込みがありますが、米国より下着レズビデオの要望があり、"ファンデーションデュオ"と言うタイトルで、只今制作準備中です。発売は2001年8月頃の予定ですが、現在色々な方からアイデアをいただき、企画検討しております。アメリカには、このようなビデオが沢山出ておりますが、私が撮ろうとしているのは、ファンデーション中心で、女性2人で着せ替えごっこをしながら、最後に軽くレズってしまう内容です。モデル二人と言うのはボンデージはありますが、ランジェリーでは初めてなので、どうなりますかご期待下さい。一番楽しみにしているのは、私自身かも知れません。それと、ファンデーションビデオシリーズの分散化も同時に企画検討中です。
新作完成時には、お客様にカタログ送付又は、メールにてお知らせしております。

今後も末永く官能ビデオを作り続けてください。一熱狂的ファンとして命ある限り応援致します。

応援、有難う御座います。この仕事を始めた時、最初はボンデージビデオを撮っておりましたが、途中からランジェリービデオに転向しました。現在は、私自身、自分が一番撮りたい物を撮っております。と言うより、お客様に支えられ、好きな物を撮らせて頂いていると言った方が正しいかも知れません。ここまで来れたのも、支持して下さる方々のお陰ですので、出来る限り長く続けたいと思います、"継続は力なり"ですね。 有難う御座いました。
小原



3月2日 ヒロ様より

 先日ビデオを見ました。内容的には満足の行くものだと思います。
しかし下着の安っぽさには残念でした。ブラにショーツ、補正下着、ガーターベルトなどどれを見てもいまひとつ、高級感のある下着とはいえません。
小 原 譲 のビデオの購入者は下着にこだわる人が多いと思います。そんな人を満足させる下着を使ってもらいたいと思います。スケスケやヒラヒラのいやらしい下着を期待しているわけではありません。一流メーカーの高級下着を使用してもらいたいと思います。一流メーカーの高級下着はヤフーオークションなどを利用すると結構安く購入することが出来ます。
ガーター用ストッキングについてはきちんとしたストッキングで満足しました。
またモデルのバストサイズとブラのカップサイズが合ってないにも気になりました。特にボディースーツのカップが小さいように思います。
最後にガーターベルトの紐はショーツの下に着用するのが正しい着方です。ビデオを見ると下になったり上になったり様々でした。

勝手なことを書きましたがこだわりのあるビデオ製作を期待してます。

 ビデオの感想をいただき、楽しく拝見させていただきました。応援して下さり大変助かります。
モデルの下着に関してですが、今までのお客様のご意見として、普段着用しているような下着を、希望する方が多いです。あまり、日常とかけ離れていると、リアリティがないそうです。スカートが捲くれて、パンティが見えた時、普段穿いてそうな物の方が、興奮度が大きいそうです。高級下着も良いとは思いますが、制作の経費のこともあります。ブラと、パンティはモデルに借りる場合がほとんどです。次回、FF.-13では、モデル本人も、高級なものが好きらしく、ブラとパンティは、レースの模様入り、上下おそろいのものを使用しております。今後は考えて見たいと思います。ご期待に添えず済みません。
下着サイズの件、合っていないとの事、大変申し訳ありません。その時用意した物が、モデルに合っていない場合が多々あります。下着は、全般ワンサイズ下のものを使用しています。特に、ボディスーツは一番下のサイズを使っています、と言うのは、きつくて、着るのに、四苦八苦しているところを、見たい方が、多いのです。
ガータベルトの件ですが、たしかに本来は、トイレ時のこともあり、パンティの下に着用するのが、正式と思われます。ガードル着用の場合は、パンティの上に、ガードルなしの場合は、パンティの下に付けております。又、その時のモデルの判断にまかせている場合もあります。
ストッキングは米国より個人輸入したものを使用しております。
お世辞抜きのご意見を、気がついたらどしどしおよせください。より良い作品を制作する為には、お客さんのご意見が、一番参考になります。
有難う御座いました。小原



2月9日 商人テノール様より

小原譲様
 商人テノールです。
いよいよ「熟女FF」とのこと、大きな期待を持っています。Lettersのコーナーで、LG様も書いておられましたが、やはりFFは「太めの人」のほうが、価値があると思います。

 そういった意味で、FF-11の森田恵子さんは、最高にふさわしいモデルさんだったと思います。個人的には、インタヴュー形式を好まないので、惜しい面もありますが、「破けちゃいますよ」とかいいながら、ボディースーツを押し込んでいくリアルさは、見物でした。

FF-11の感想、有難う御座いました。モデルとしては、あまり良くないと思ったんですが、気に入っていただいて、嬉しく思います。

 ただ、こういう素人のモデルさんを起用した場合でも、1カットが短くなっても、ある程度の段取りをきちんと説明したうえでテープを回し、アクトさせながらの指示は避けるべきです。(カンペを作って貼っとくとかしてもいいかな、と・・・)

 他社のビデオでも、撮影者側の声が入っていたり、BGMなどで完全にライヴ音声をカットしているものが多く、価値が半減しているものがあります。(私が****の作品を、その内容の良さにもかかわらず買わないのは、そのためです。しかも、もともと「縄掛け」の部分には興味はないし・・・)

申し訳ありませんが、私の個人的な事情もあり、撮影になれていないモデルに、一人で演技させてもうまく行かず、カメラワークまでガタガタになってしまうので、インタービュー形式は現状では、特に素人モデルの場合まぬがれません、悪しからず。撮影時間は1本、4時間−4時間半かけています。

 ところで、思いついたことなのですが、80年代初頭に、エアロビクスが大ブレイクしましたよね。その時「レオタード+パンスト+レッグウォーマー」というスタイルがありましたが、そこからの着想で、パンスト(ガーターではなく)を履いたうえから、厚手のニーソックスを履く、というアイディアはいかがでしょうか「すね隠しの股出し」というセクシーさは、ロングブーツに匹敵するかもしれません。

 あるいは、前述のエアロビのスタイルをそのまま採用してもいいかもしれません。

大分前ですが、ピンクのリボン付きニーソックスを、米国フレデリックス社より、他のガーターシームストッキング等と一緒に個人輸入してあり、まだ未使用ですので、いずれ使う予定です。

 寒さ厳しきおり、ご自愛ください。

毎度ビデオの購入、その感想のメールや、掲示板への書き込み、又、いつぞやは電話を下さり、暖かいお言葉を掛けて下さり、商人テノール様には大変お世話になっております。私の仕事は、ビデオを買って下さるお客様の"夢"を具現化する事、と思っております。ビデオを見ているお客様の喜ぶ表情や、笑顔が伝わって来た時、私も一番嬉しく思います。これからも小原ビデオを御愛玩のほど、宜しくお願いいたします。有難う御座いました。
小原



2000年度
Letters Top



Link to Lingerie Video by Joe O'Hara
Joe O'Hara Productions Yokohama Japan